Toward ultimate form of information and communication networks as social infrastructure

弾力性のある光ネットワークの設計・制御

光通信ネットワークにおいて、波長スペクトル資源を有効的に利用可能な弾力性のある光ネットワーク(EON: Elastic optical netnwork)の実現が求められています。大木研究室では、EONにおいて波長スペクトル資源を有効的に利用する光ネットワーク制御の基盤技術の確立を目指しています。

EONでは、動的な光パスの設定・解除により、使用可能な波長資源スペクトルが未整列・非連続となる波長スペクトルの分断が生じる問題があります。経路変更などにより通信中の光パスを瞬断することなく、波長スペクトルの分断の発生を抑制する技術の検討を行っています。

また、近年のネットワークにおけるトラヒック需要の増大に対応するため、1本のファイバの中に複数のコアを持つ、マルチコアファイバの研究開発が進められています。マルチコアファイバを適用したEONでは、光パスの要求に対して、経路や波長スペクトルに加えて、コアの割り当てを決定する必要があります。我々は、マルチコアファイバで発生するコア内信号劣化とコア間クロストークの両方を考慮して、光パスへの資源割り当てを行う技術を研究しています。

International students are welcome to visit our laboratory or contact: <contact [at] icn.cce.i.kyoto-u.ac.jp>.
見学は随時受け付けています。希望者は佐藤助教 <contact [at] icn.cce.i.kyoto-u.ac.jp> まで。

PAGETOP