Toward ultimate form of information and communication networks as social infrastructure

大木教授からのメッセージ

V字型で深堀りし,深堀り経験の重ね合わせにより,独創性を生む

当研究室では,本質・基礎を理解した上で,失敗を恐れずに挑戦し,深堀りする指導を行っています。困難に直面したときに,1つの方向のアプローチのみで進もうとしても,前に突き進めなくなってしまい,深く掘ることが困難となります。困ったときには,少し違った方向で考えることも必要となります。深堀りするためには,自分の関連領域を意識しながら専門分野を深めつつ,試行錯誤を繰り返しながら,V字型で進む必要があります(図1)。主体的に掘れば,自身の専門分野について深い洞察力と技術力を備えるとともに,視野と技術領域が広がり,専門性を高め,連携する力が強化されていきます。さらに,複数の深堀り経験を重ね合わせることにより,独創性を生む強固な下地を作ることができると考えています(図2)。

Contact: TEL 075-753-3555 E-mail: contact [at] icn.cce.i.kyoto-u.ac.jp

International students are welcome to visit our laboratory or contact: <contact [at] icn.cce.i.kyoto-u.ac.jp>.
見学は随時受け付けています。希望者は佐藤助教 <contact [at] icn.cce.i.kyoto-u.ac.jp> まで。

PAGETOP