Toward ultimate form of information and communication networks as social infrastructure

新熊亮一 准教授プロフィール

准教授 新熊亮一

1976年生まれ。IEEE会員、電子情報通信学会シニア会員。
大阪大学より博士(2003年)を2年短縮で取得後、2003年より京都大学大学院 情報学研究科教員。
2008年~2009年にかけて米国ニュージャージー州立ラトガーズ大学WINLAB(Wireless Information Network Laboratory)に客員研究員として滞在。2011年 准教授に就任。
2011年、代表発起人としてモバイルソーシャライズシステムフォーラムを設立、会長に就任。
教育研究活動データベースへ

researchmapへ

主たる研究領域は異種混合ネットワークにおける協調。特に他分野との連携に取り組み、産学連携の研究開発において多数の実績を持つ。
2006年に電子情報通信学会学術奨励賞、2007年にエリクソン・ヤング・サイエンティスト・アワード、2016年に電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)をそれぞれ受賞。

電子情報通信学会やIEEEを中心に学会活動を行い、研究専門委員会の幹事や学会支部の幹事としての功績により、電子情報通信学会通信ソサエティ活動功労賞(2008年・2009年・2012年)、電子情報通信学会関西支部活動功労賞(2013年)をそれぞれ受賞。

多数の大型研究プロジェクトの代表者を務め、2010年度、2011~2013年度には情報通信研究機構(NICT)の委託研究プロジェクトで、代表者としていずれも最高評価のSを獲得。2013年度に文部科学省の「大学発新産業創出拠点プロジェクト」、2018年度に科学技術振興機構「さきがけ」に採択される。

学生へのメッセージ

International students are welcome to visit our laboratory or contact: <contact [at] icn.cce.i.kyoto-u.ac.jp>.
見学は随時受け付けています。希望者は佐藤助教 <contact [at] icn.cce.i.kyoto-u.ac.jp> まで。

PAGETOP